一言で農薬といってもその種類は様々あります。

・殺虫剤
・殺ダニ剤
・殺線虫剤
・殺菌剤
・除草剤
・殺虫殺菌剤
・殺そ剤
・植物成長調整剤
・忌避剤
・誘引剤
・展着剤


農薬ってほとんどが、虫や菌・あるいは動物を駆除するために使われるんですね。
この中で殺虫剤に属し、有機リン系農薬に位置するアセフェートの毒性はどのようなものなのでしょうか?


●アセフェートの使用対象は?

アセフェートは主に野菜や園芸植物につくアブラムシの抑制に使用されます。
アブラムシ.jpg
また、森林に対しては葉もぐり虫、毛虫、ハバチ、アザミウマ、アリの抑制にも使用されます。

●アセフェートの性質は?

アセフェートは水によく溶けます。
そのため、植物体の浸透性に優れており、植物の体内で移動しやすい性質をもちます。

なので1度のアセフェート散布で殺虫効果が持続しやすいです。
予防薬に向いており、アブラムシのように吸汁性の虫に対し効果を発揮します。

●アセフェートの商品名

アセフェートはオルトラン粒剤あるいは水和剤という名前で商品販売されています。
アセフェート.jpg

ほかには、JA全農からはジェイエースという名で、
住友化学からはスミフェートの名で発売されています。

●アセフェートの毒性

アセフェートには少量でも神経系に害を及ぼす毒性があります。
特に、ウグイス、ツグミ、ヒバリなどの方向感覚を狂わせるという結果も報告されています。

ところが多くの植物には無害であると考えられています。
しかし、個人的には殺虫剤という毒である以上、全く無害ではないと思われます。

アセフェートの加水分解生成物はメタミドホス。
これはかなり毒性が強いです。
加熱によっても分解し、リン、窒素、硫黄の酸化物などの有害ガスが発生します。

水に溶けやすいということで、河川、海洋汚染の影響が指摘されています。
現在、人体の一日摂取許容量は0.03ミリグラムとされています。

何を持って基準なのかはわかりませんが。

●まとめ

ホームセンターに行くと、オルトラン粒状がかなりのスペースで陳列されています。
これすなわち、売れているということですね。

効果が高く、毒性が弱いとされていますが、野菜自体に農薬を循環させ虫を殺すという発想がちょっと恐ろしいです。
自分だったら、子供に安心して食べさせることはできないですね。。