コンビニや喫茶店で、無料で使えるコーヒーフレッシュ。
無料ゆえに、使う人は多いですし「ラッキー!」とばかりに家に持って帰る人もいます。

コーヒーフレッシュ.jpg

けれど、考えてみるとちょっとおかしいです。
なんでコーヒーフレッシュって無料にできるんだろう?


コーヒーフレッシュの成分は何なのかと問えば「牛乳」とか「生クリーム」と答える人もいます。
それなら微量であっても若干コストがかかるので有料になる気がしますよね。

しかも、常温に置いていたら腐りますし。

無料にできる秘密は一体何なのでしょうか?


●コーヒーフレッシュの成分は?

コーヒーフレッシュの成分に牛乳や生クリームなど1滴も使われていません。
実は、ベースは植物油。つまりサラダ油です。

そこに添加物で白濁させてミルクらしく仕上げるわけです。
あのコクの正体は、油だったんですね。

・コーヒーフレッシュの原材料

植物油脂
カゼインナトリウム
加工でんぷん
グリセリン脂肪酸エステル
増粘多糖類
クエン酸
クエン酸ナトリウム
カラメル色素
香料(ミルクフレーバー)

メーカによって若干違うものの、このくらいの添加物が使用されています。
植物油がベースなので、価格を限りなく安くできるというわけです。
だからコンビニや喫茶店では無料。

添加物がたくさん使われているのは、大袋の裏を見ればちゃんと書いています。
ただ、コーヒーフレッシュが入っている容器にはそれは記されていません。

食品衛生法で容器や容量が小さい場合は表示しなくてもいいことになっていますからね。
だからコンビニのドリップコーヒーやファミレスのテーブルにあるコーヒーフレッシュは成分が何かは知る手段がないのです。


●コーヒーフレッシュの作られ方

コーヒーフレッシュはまず、サラダ油に水を混ぜてつくります。
しかし、普通なら水と油は混ざりません。

そこで添加物が使用されるわけです。

乳化剤を投入するのです。
乳化剤は界面活性剤なので、これを使うとあっという間に油と水が混ざって白濁します。

しかし、このままではミルクらしいとろみがないので「増粘多糖類」でとろみを加えます。
「乳化剤」とか「増粘多糖類」と一言で言っても、実はそこに何種類も添加物が使われています。

これは一括表示というやつで、わけのわからないカタカナを並べるんじゃなく、役割の同じ複数の添加物をまとめて「乳化剤」とか言っているわけです。

仕上げはカラメル色素。
ごくわずかに茶色に着色することで、クリームらしい感じに仕上がります。

このままでは日持ちしないのでph調整剤も投入。
さらに、ミルクらしい香りづけに香料も投入すればコーヒーフレッシュの完成です。

●コーヒーフレッシュの危険性

・サラダ油
コーヒーフレッシュのベースとなるサラダ油・・
これはトランス脂肪酸を多く含みます。

トランス脂肪酸は血液中のLDLコレステロールを高め、冠動脈性心疾患のリスクを高めます。
また、サラダ油は遺伝子組み換えの可能性がかなり高いです。

油には遺伝子組み換えの表示義務がないので、普通の油さえ危ういです。
ましてや、無料提供しているコーヒーフレッシュとなるとその可能性はいっそう高いです。

遺伝子組み換えがマズイところは、未知の毒を作り上げてしまうところ。。
ちゃんと安全性が試験されていないことです。

・ph調整剤や防腐剤
コーヒーフレッシュって賞味期限が長いです。腐りません。
これはつまり・・・ph調整剤、あるいは防腐剤で腐敗を防止しているわけです。


・界面活性剤と発がん性物質
乳化剤に使われているのは、洗剤の成分に入っている界面活性剤。。

洗剤を口に入れたいと思う人は誰もいないですが、コーヒーフレッシュに姿を変えると皆ためらいなく口に入れてしまいます。

また、乳化剤に使われることの多いショ糖脂肪酸エステルは発がん性が指摘されています。
胎児の染色体異常を引き起こす原因とも言われています。
このようにリスクはゴロゴロあります。


●まとめ
以上の知識をふまえてコーヒーフレッシュを楽しむかどうかは、そこは個人の自由。
どうしてもこの味がやめられないならばそれも選択のひとつです。

もちろん、1杯くらいでは微々たる量なので即座に病気になるなんてことはありません。
それじゃ商品になりませんし。

なんでも危険だ!マズイんだ!と言っていては添加物や農薬、化学物質で溢れているこの世界で生きていけませんからね。

適切な情報を知って、あとは自分で判断するのが一番です。
ただ、自分の身体を大事にしたいならば大量に使うのは避けるのが賢明かもしれません。